タグ:cinema ( 14 ) タグの人気記事

バベル

a0052641_1212284.jpg

画像は先日行った建設中「スカイツリー」です。
(バベルの塔ではないです。)

今日、映画「バベル」をDVDで観る。
いい感じに始まったのに物語が繋がらず盛り上がらなくてがっかり。
ただハリウッド映画が映す東京の町とか、モロッコとか、
メキシコの映像がおもしろかった。

ささいなことでも、通じ合わなければ最悪に不幸になってしまうことも
あるんだよな〜とは思った映画です。
[PR]
by bamboo7771 | 2010-09-14 01:40 | memo | Comments(0)

狩人の夜

a0052641_9455687.jpg


今日から「THE MOVIES 21-Suspense-」展始まります。
今回DMを発送せず初日を迎えることになってしまいました。
まこと、ごめんなさい!!
6/27(日)までと会期長めですのでご希望の方にはDMお送り致しますので
メールでお知らせ下さいませ。→yukikitazumi@gmail.com

ワタシは「狩人の夜」(The Night of Hunter)という作品を描きました。
1955製作のアメリカ映画でチャールズ・ロートン監督作品です。

物語の舞台は1930年代不況の嵐が吹き荒れるアメリカ南部田舎町。
銀行強盗を企てた男が大金の隠し場所を告げぬまま吊るし首にされます。
刑務所でいっしょだったハリー・パウエルは大金の隠し場所を
男の子供が知っているのではと勘を働かせ、未亡人になったウィラと二人の子供たちの
前にあらわれ言葉巧みに近づいていきます。
やがてウィラは殺され、母が殺されたことを知らぬまま子供たちは
悪魔のようなハリー・パウエルから必死で逃げる・・という
子供の目から見た恐怖を南部の夜の夢幻的なおとぎ話のような映像で見せてくれます。

ローバト・ミッチャム演じるハリー・パウエルのトロンとした目つきと
両手に刺青した「LOVE」「HATE」の文字が不気味。
[PR]
by bamboo7771 | 2010-06-15 10:38 | memo | Comments(0)

「太陽がいっぱい」

a0052641_20552560.jpg

遥か昔に観た「太陽がいっぱい」を最近になってまた観たんだけど、
なるほど同性愛を描いた映画だと聞けば、もう、そうとしか見えなくなってしまう。
トム・リプリーとフィリップはいつも子犬のようにじゃれあっていて
フィリップの恋人(マリー・ラフォレ)は「ワタシといると退屈だからトムがいっしょなの?」と
焼きもちを焼いたりしている。
同性愛の映画だとして、わからないのは、愛憎のはてにフィリップを殺してしまっていても
画面からはそれほど悲しみは伝わってこないこと。魚市場を歩いて死んだ魚の頭を無情にカメラが
映し出しているところだけが自責の念にかられてるのかな?と
思うがちゃくちゃくと完全犯罪を企てて行く。
トムは誰のことも深く愛していないようにみえてそれが、とても虚しくて寂しい。
[PR]
by bamboo7771 | 2010-04-22 21:29 | memo | Comments(0)

乱れ雲

a0052641_2211865.jpg


1967年
成瀬巳喜男監督
加山雄三
司葉子

成瀬監督の遺作となった作品。交通事故で夫を失った女性(司葉子)が
青森の実家に帰り、加害者の青年(加山雄三)と再開する。

司葉子の崩れることのない上品さが青年を好きになってしまうことで
一瞬乱れるところがとても人間的というか官能的。
苦悩する誠実な若者を演じた加山雄三もすごくはまり役。
若大将より文芸ドラマ路線(?)に行って欲しかった。

十和田湖畔の旅館、山菜採りをする森の緑、雨のバス停。。
瑞々しい風景も魅力な作品でした。

ただ山菜採りをする森で愛を告白する加山雄三が拒まれて
走り去るシーン、加山さんの走りが若大将走りになってたのだけが
残念だ!
[PR]
by bamboo7771 | 2009-08-11 22:11 | personal work | Comments(2)

メモ 「日本映画の100年」

大島渚監督の「日本映画の100年」を見つけました。
後でゆっくり見る為にリンク張っておきます。
しかし、3/4がないのが残念。。
ニコ動はエキサイトには張れないのが、、それも残念。


【ニコニコ動画】日本映画の百年 1/4
【ニコニコ動画】日本映画の百年 2/4
【ニコニコ動画】日本映画の百年 4/4
[PR]
by bamboo7771 | 2009-08-04 10:22 | memo | Comments(0)

ネルソン・マンデラ

a0052641_23272222.jpg


昨日は友達とふたりで社会派映画を観てしまった。
「マンデラの名もなき看守」
ほんとはおしゃれ系の「ファクトリー・ガール」を観に行くつもりだったのに。

ジョセフ・ファインズが演じる黒人刑務所の看守から見たネルソン・マンデラ(のちに南アフリカ共和国の大統領となる)を描いた作品。
ジョセフ・ファインは苦悩する繊細な男がいつもうまいんだよね。
ノンキャリで平凡な家庭人の看守の男がマンデラと接触するうちに真実を知り心情を変化させていく。
ネルソン・マンデラを演じるデニス・ヘイワードという俳優もカリスマ性があり笑顔もいい。息子の死を知り、悲しみに耐えようとする大きな背中が印象に残る。
演出は押さえているけれど面会に来るマンデラの奥さんとの会話も泣かせる場面。

先ほどマンデラについて検索したら30年近く投獄されていたマンデラを支え続けたウィニー夫人とは釈放された2年後に離婚している。かなり、ショック!現実ってこうなるのか。
モーガン・フリーマン演じるネルソン・マンデラの映画も撮影スタートしているらしい。モーガン・フリーマンのほうが実際のネルソンマンデラに似てますね。
[PR]
by bamboo7771 | 2008-05-29 00:27 | memo | Comments(0)

ロマンティック全開

a0052641_17175517.jpg

お正月に友達lから借りたDVDをまだ観ていなかったので

「心の旅路」
(1942)(米)を鑑賞。
監督…マービン・ルロイ
出演…グリア・ガースン ロナルド・コールマン

記憶喪失もので偶然が重なるまったくリアリティがないストーリー。
そしてとことんロマンティック。
ヴィジュアルもロマンティックこの上なく、どの場面もこの世のものでないどこかべつの世界のよう。この世界はD-BROSデザインのホテル・バタフライのイメージを思い出させた。
 D-BROS http://www.d-blos.jp/
ホテル・バタフライ http://www .d-blos.jp-topics
春にはこんなフワフワした映画ぴったりです。
[PR]
by bamboo7771 | 2008-02-23 23:17 | memo | Comments(0)

イージーライダー

a0052641_22584385.jpg

1969年公開だから、38年経っている映画を初めて観るワタシ。
2,3日前に観たのだけれど今もジワジワとくる。ザラッとした乾いた色合いと音と
スピード感,かっこいいわー。
そしてあっけにとられるラスト。(こんな終わりかたなの?)
アメリカって当時も今もそれほど変わっていないような・・
[PR]
by bamboo7771 | 2007-09-04 23:21 | memo | Comments(4)

最近見た映画

a0052641_2129633.jpg
最近見た映画DVD「マリー・アントワネット」「マグノリアの花たち」「ペーパームーン」「プラダを着た悪魔」
このうちペーパームーンは3度目かな?こんなに洒落てる映画ってちょっとないのでは?ティタム輝いてたな。「マグノリアの花たち」はブログ友タラさんのお勧め。見逃していた映画です。大感動でした!若い!ジュリア・ロバーツが出演しているが演技上手い人なんだなぁとあらためて思わされた。他主要な女優陣もキャラが立っていて得にシャーリー・マックレーンには涙でるほど笑わせてもらった。こういう群像劇って大好き。「友情」を描いてこんなにさわやかに泣ける映画って久しぶり。「マリー・アントワネット」は遅れること何ヶ月?9ヶ月か。評判芳しくなかったみたいだけどワタシは楽しめました。特にヴィジュアルな部分。バージン・スーサイスの雰囲気で淡々と進むストーリー。しかし、見終わって時間が経つと印象が薄らいで行くのは登場人物に共感出来る部分がやはり少なかったからかなー?「プラダ〜」は伝統的ラブコメかな。メリル・ストリープ相変わらずお美しかったけどノーメイクで結婚生活の破綻を告白するシーンに敬服。ファッションガ楽しい。しかし極めすぎると疲れそー(齢かな?)。
画像は銀座マキシムのマリ・アン メニュー
[PR]
by bamboo7771 | 2007-08-31 22:41 | memo | Comments(2)

アクエ〜リア〜ス♪

a0052641_2318761.jpg

待望の「Hair」のDVD、今見終わったところ。
よかった〜!
この空気感は馴染みがあるような・・・でもとっても新鮮。
歌もダンスもホントに弾むようだし、ストーリーもよかった。ラストが効いてました。
衣装がね、また、いいわ〜。
禁欲的でないものがやはり好みなのかな?
ピース!
[PR]
by bamboo7771 | 2007-06-04 23:30 | memo | Comments(2)


北住ユキのブログです。絵を描きます。blog of Yuki Kitazumi . My images are Copyrighted, All Rights Reserved.


by bamboo7771

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
works
personal work
information
profile
exebition
memo
hand made by me

タグ

HP(tumbir)
flickr
ubies

●連絡先・メール
yukikitazumi★gmail.com
(恐れ入りますが★を@に替えてお送りください)

ご意見、ご感想などお聞かせ下さい。
お仕事に関するお問い合わせも、こちらへどうぞ。

峰岸達&MJイラストレーションズ

玄光社illustration

みんな誰かの夢の中

ILLUSTRATION NATSU WAKABAYASHI

おなつだよ!全員集合!若林夏のブログ

natsuki CAMINO illustration works

絵本の王国-IL PAESE DELLA FAVOLA-

bonjour galerie! Mitiyo TAGUTI

日々のかけら

加藤佳代子イラストレーション

 描いたもの

Hiroko Kubota Illustration">Hiroko Kubota Illustration

ライフログ


MJイラストレーションズブック〈2017〉とっておきのイラストレーター136人


天馬のゆめ


小説すばる 2016年 04 月号 [雑誌]


小説すばる 2016年 02 月号 [雑誌]


MJイラストレーションズブック2016(とっておきのイラストレーター107人)


小説すばる 2015年 12 月号 [雑誌]


小説すばる 2015年 10 月号 [雑誌]


小説すばる 2015年 08 月号 [雑誌]


野の花あったか話


小説すばる 2015年 06 月号 [雑誌]


日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)


屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方


残花繚乱 (双葉文庫)


MJイラストレーションズブック2014 (とっておきのイラストレーター100人)


光の子供 (新潮クレスト・ブックス)


残花繚乱


子を看るとき、子を看取るとき――沈黙の命に寄り添って (シリーズ ここで生きる)


イラストレーションズBOOK ―峰岸達&MJイラストレーションズの精鋭たち (MJ ILLUSTRATIONS BOOK Volume 1)


イラストレーションファイル 2014 上(あ→さ) (玄光社MOOK)


いろは vol.03(2013 jul 正岡子規生きるまなざし


いろは vol.02(2012 dec 没後七〇年与謝野晶子


日本語は親しさを伝えられるか (そうだったんだ!日本語)


イラストレーションファイル2013上巻 (玄光社MOOK)


イラストレーションファイル2012上巻 (玄光社MOOK)


ファッションイラストレーション・ファイル2011


還暦、プロヴァンス、ひとりぼっちで生きる


小説すばる 2010年 04月号 [雑誌]


小説すばる 2009年 12月号 [雑誌]


小説すばる 2009年 10月号 [雑誌]


ファッションイラストレーション・ファイル2009-2010


Goodリフォーム 2009年 09月号 [雑誌]


小説すばる 2009年 08月号 [雑誌]


小説すばる 2009年 06月号 [雑誌]


小説すばる 2009年 04月号 [雑誌]


ファッションイラストレーション・ファイル (玄光社MOOK)


「悩み」から抜け出すための35のヒント―ココロすっきり相談室

MJイラストレーションズブック

最新のコメント

ワォ!こまきさん、お久し..
by bamboo7771 at 20:29
おひさしぶりです! い..
by 小牧真子 at 19:31
夏さんHB来てくれて、あ..
by bamboo7771 at 13:36
あ、このコメントは若林夏..
by hyakuenjyuen at 10:56
HBの展示良かったです!..
by hyakuenjyuen at 10:55

外部リンク

記事ランキング

画像一覧