人気ブログランキング |

a0052641_13573051.jpg
a0052641_13581212.jpg
共同通信社 「未踏の老いを生きる」06  (全10回)
社会学者 春日キスヨ

健康自慢の人ほど
倒れたときの備えを

新聞掲載画像は2019年4月22日 神戸新聞 夕刊から
# by bamboo7771 | 2019-08-16 14:01 | client work | Comments(0)

a0052641_21084681.jpg
a0052641_21384456.jpg
共同通信社 「未踏の老いを生きる」05  (全10回)
社会学者 春日キスヨ

子の心、親知らず

新聞掲載画像は北國新聞から


 
# by bamboo7771 | 2019-08-11 22:14 | client work | Comments(0)

a0052641_16522472.jpg


新泉社 「13歳からの考古学 失われた世界への時間旅行」 堤 隆 著
の発売と共に私の原画展が 浅間縄文ミュージアム で始まりました。

2019年8月1日〜8月31日
会期中無休
 
浅間縄文ミュージアム
特別展示室

縄文遺物と共に展示中
9:00~17:00

入場料(大人500円 子ども300円)が必要です。

 


a0052641_16542457.jpg

a0052641_16544781.jpg

a0052641_16550770.jpg

火焔型土器の造形が面白いなぁ。
間近でゆっくり眺めたい。。

著者の 堤 隆さんは歴史学博士で先史時代の考古学がご専門。
長野県浅間縄文ミュージアムの館長さんでもあります。

夏の軽井沢への旅行には、どうぞミュージアム巡りをご予定に入れてみて下さい!




# by bamboo7771 | 2019-08-01 22:10 | information | Comments(0)

a0052641_17092472.jpg




a0052641_17100356.jpg



a0052641_17102568.jpg


装幀画を担当しました。

文藝春秋   「センス・オブ・シェイム 恥の感覚」
著: 酒井順子
デザイン:大久保明子
2019年8月5日発行
1400円 + 税

世間の目を気にしながら生きてきた日本人。
しかし「何を恥ずかしいと思うか」には人によってこんなに差が。
モヤモヤ解消エッセイ!(紹介文より) 


# by bamboo7771 | 2019-07-31 17:27 | client work | Comments(0)

a0052641_16025729.jpg


a0052641_16122601.jpg

共同通信「未踏の老いを生きる」 4回目の配信(全10回)
社会学者 春日キスヨ

「私は私」の年齢感覚

新聞掲載の画像は2019年6月24日の高知新聞 夕刊のものです。







# by bamboo7771 | 2019-07-28 16:20 | client work | Comments(0)

a0052641_22002092.jpg



a0052641_22265298.jpg



共同通信「未踏の老いを生きる」 3回目の配信(全10回)
社会学者 春日キスヨ

日課という「目標」

掲載紙は2019年5月16日の熊本日日新聞から




# by bamboo7771 | 2019-07-27 22:28 | client work | Comments(0)

a0052641_18343976.jpg



a0052641_18342136.jpg



a0052641_18371190.jpg



a0052641_21102047.jpg



a0052641_21482187.jpg



a0052641_21500366.jpg



a0052641_21510739.jpg



a0052641_21515700.jpg



a0052641_21523688.jpg
装幀画、挿し絵、を担当しました。
挿し絵はたっぷり(20数点)描いています。

新泉社 「冒険考古学 失われた世界への時間旅行」 
著: 堤 隆 
デザイン:文京図案室
装幀画、挿し絵:北住ユキ
2019年7月26日発行
1800円 + 税


考古ボーイの13歳・加藤隼人は、ふとしたきっかけから、失われた世界へと旅する手段を知る。

最初の旅では旧石器人のマークと出会い、超ワイルドな原始生活を体験する。
なんとか無事に現代に戻ってきた隼人は、遺跡発掘のチャンスを得て、ますます考古学の魅力に引き込まれていく。
次の縄文時代へのタイムトラベルでは、さらなる試練がハヤトを待ち受けているが……。

本書は、最前線に立つ考古学研究者が書いた物語です。
旧石器人、縄文人の暮らしは、単なるファンタジーでなく、考古学的知識に基づき、科学的根拠のある描写となっています。
隼人の冒険を通して、きっと考古学のスリルと楽しさに出合えることでしょう。

(紹介文から)






# by bamboo7771 | 2019-07-23 22:21 | client work | Comments(0)

a0052641_21391882.jpg

a0052641_21394701.jpg

クラシエ のウェブサイト くらしえほん 「きんもくせいとランドセル」
 
を担当しました。
くらしえほんは公募で選ばれたお話を
イラストレーターが絵を添えて出来上がります。
私が担当させて頂いた「きんもくせいとランドセル」は
最終選考1000人の中から選ばれた3つの優秀賞作品のひとつ
こはくあき さんのお話です。
a0052641_16252244.jpg
くらしえほん は大判で300mm x 300mmのサイズです。
左にあるのが、四六版の書籍ですので、迫力の大きさです。
a0052641_16382264.jpg
a0052641_16385324.jpg
お話はクラシエのサイトに飛んでご覧下さい。




アートディレクション 杉山ユキ
株式会社 博報堂

# by bamboo7771 | 2019-07-12 22:11 | client work | Comments(0)

a0052641_23214587.jpg
a0052641_23221644.jpg



共同通信「未踏の老いを生きる」 2回目の配信(全10回)
社会学者 春日キスヨ

孤独和らげる年賀状 

独りぼっちの孤独を和らげる一枚の年賀状を見入るお年寄りを描きました。
掲載紙画像は宮崎日日新聞 2019年3月29日のものです。

# by bamboo7771 | 2019-07-10 23:36 | client work | Comments(0)

Forgotten names zine

a0052641_11583843.jpg



ZINE愛好家のみなさま、
Forgotten Names Zine を手に入れるのはこちらから(画像をクリック!)。
私もこのプロジェクトに参加しています!

12人の各国のイラストレーターのコラボレーションZineです。
40ページ、3色リソグラフ印刷。A5サイズ、
色は、中青、蛍光オレンジ、そして金色の3色。

イラストレーター
@chloechloebertron @sander_ettema , @china_______________________ , @harry.wyld , @sh0lik, @fred_fivaz @karolinalubaszko, @boilingmanxx, @borbalatompa, @susannah_garden, @danielwesseik, and
@y_u_k_i_k_i_t_a_z_u_m_i ,

紹介のアニメーションがかわいいです!是非みてね♪




# by bamboo7771 | 2019-06-01 12:28 | information | Comments(0)