装画の仕事「還暦、プロヴァンス、ひとりぼっちで生きる」

a0052641_1053326.jpg

a0052641_10543017.jpg

4月1日発売、講談社「還暦、プロヴァンス、ひとりぼっちで生きる」
の裝画を担当しました。
<帯文>
話せるフランス語は2語だけ。60歳で南仏生活。
当然ながら(?)思い通りにはいかない還暦未亡人。
なんでこんなところに来たんだろう。
ベストセラー『一度も植民地になったことがない日本』著者が綴る、自分を見つけたプロヴァンスの暮らし

著者  デュラン・れい子
装丁  鈴木成一デザイン室
株式会社 講談社
定価  ¥1300
[PR]
Commented by camino at 2010-04-02 16:12 x
わ~!よいお仕事されたんですね。
鈴木成一さんの装丁、すばらしいですね。
そういえば、ズミさまご本人もプロヴァンスかもし出してますよね!?
帯にもカラーで入ってるんですね~豪華ですね~
早速本屋で見てみたいなー

Commented by bamboo7771 at 2010-04-03 00:46
かもしてますでしょうか?
プロヴァンスらしさ、難しかったです。
帯が大きいですね〜。落ち着いた装丁ながらも
地味になってませんよね。なるほど・・と思いました。

Commented by 小関 at 2010-04-04 09:45 x
すごい! やりましたね!! 北住さんもともとすごくよい絵を描いてましたけど、どんどんそれが世の中に向かって花開いてる感じです。ハーすごいなあ。
Commented by 小関 at 2010-04-04 09:47 x
あっ、あと上のコメントの「camino」さんて紙野夏紀さんでしょうか? 漢方のムックでお仕事拝見しました! 前からいいなあと思っていたので、ご一緒できてうれしかったです。(わたしもあの本のお仕事しとります)
Commented by bamboo7771 at 2010-04-04 12:56
どんどんでもないんですよ〜。
冷や汗かきながらやってます。
持ち込みも行かなければね。
今度小関さんのお話聞きたいです。
紙野さんですよ〜。
Sスクで夏さまと紙野さんと同期だったんです♪
Commented by kai-takasaki at 2010-04-08 10:12
本屋さんに行ってきます!
すてきですねー!!
Commented by kato at 2010-04-08 14:09 x
立派で素敵な本ですねー!!
画像を見たときに「オォッ!」と声が! 実物見たいと思っていたら、MJ展にあったので、手に取りしげしげと見て、ため息が出ちゃいました
帯がこんなに幅広いのにも感動、絵が素敵だったからでしょうねー。
鈴木成一さんの装幀もすごいじゃないですか。
ズミさん、尊敬しちゃいます。
これからも幻想的で素晴らしい作品を期待してます!
なんて綺麗なんだろう・・・
Commented by bamboo7771 at 2010-04-08 23:58
kaiさん、ワタシも本屋さん廻りせねば、と思ってます。
katoさんの作品にワタシは溜息なんです。
自分が見たもの、経験したものって強いのかな、
真実味が伝わります。
このごろそういうことについて考えてしまいます。
Commented by camino at 2010-04-12 16:19 x
小関さん
コメントありがとうございます。紙野です。
すみません、返信おそくなってしまいました。
漢方ムックおつかれさまでした。
普段読まないタイプの本ですが、改めて目を通すと
とても為になる本ですよね。
ズミさまとは、Sスク以来、時々遊んでもらってます。
もちろん個展のOPにもお邪魔させていただきました!
by bamboo7771 | 2010-04-02 11:12 | client work | Comments(9)