山田五十鈴というひと

a0052641_22472030.jpg



「祇園の姉妹」1936年 (昭和11年)溝口健二監督作品

山田五十鈴という女優さんは、「必殺仕事人」の妙に存在感と貫禄のある
三味線のおばさんという印象しか持っていなかったのだけど
「鶴八鶴太郎」を見てからというもの、気になって仕方ありません。
「祇園の姉妹」をYouTubeで見つけて、ますます好きになってしまった。
小生意気で打算的な祇園の三流芸者を演じています。
柔らかいと感じる京言葉だけれど
山田五十鈴が話すととても切れがいい!! 
若干20歳で声に幼さが残っているところもかわいいです。

1917年生まれということですから現在は93歳?
6度の結婚、同棲を繰り返し、
晩年は帝国ホテルに20年以上ひとり暮らしていたそう。
85歳から病床にあるようです。





[PR]
Commented by nahkid at 2010-01-22 01:40
いいですね~これ、DVD買わなきゃですね。

ところで昨晩、イラストを書いていただいたリフォームの記事の表彰式(今頃)がありました。また、北住さんにふさわしい企画があったら、お願いしますね。
Commented by bamboo7771 at 2010-01-22 13:13
溝口作品の「浪速悲歌」というのも見てみたいです。
すっかりベルさんファンです。
表彰式まで!! うれしいですね♪
また何かありましたらよろしくデス。
Commented by onatsu at 2010-01-23 10:05 x
素敵な絵ですね。男性の溶け気味な表情も好きです。
私も仕事人が主なイメージでしたよ。
映像、おもろそうなんですが、五十鈴さんは妹の方であってますか?
Commented by bamboo7771 at 2010-01-24 00:52
本日はお疲れさまでした(日付変わって昨日か)。
久々、onatsuさまと話せてほっとした気分になったよ。
五十鈴さまは妹です。大柄な女優さんなので
お姉さんより、頭ひとつ背が高い感じですね。
Commented by onatsu at 2010-01-24 02:32 x
ありがとうございます!妹ですね。youtube見ると興味深いので今度チャレンジしてみようと思います。
今日はお疲れさまでした☆私もbambさまに会えて、なんつーか、すごい心温まりました〜〜。いいもんです。こういう気分。感謝感謝。
by bamboo7771 | 2010-01-21 23:28 | personal work | Comments(5)