雪岱

a0052641_104242.jpg


描いても、描いても失敗ばかり。
気分を変えようと埼玉県立現代美術館でやっている
「小村雪岱とその時代」展を観に行って来た。

センスのよいデザイン感覚、きりっとした情感もいいな。
新聞小説「おせん」の挿画がため息ものです。
雪兎がちりばめられたデザインの図録も購入。

帰りの電車のモノレールから見下ろす下町の様子が
雪岱が描く俯瞰の町並みに見えてきてしまった。

a0052641_1041949.jpg
[PR]
Commented by camino at 2010-01-27 10:03 x
あっ偶然
私も、昨日芸術新潮買ったばかりです~
これから読むところでわくわくしてます
展覧会いってみたいわ~
Commented by bamboo7771 at 2010-01-27 11:00
いいよ〜、雪岱。
描き込むところと省略するところ、
構図も名人芸だよね。
Commented by kai-takasaki at 2010-01-27 19:14
こんばんわ。
書き込むところと、省略するところ・・・。
素晴らしいヒントをありがとうございます。
私も今文章詰まってて・・・。
その通りです。
Commented by ayumi-favola at 2010-01-27 20:45
えー!私今ちょうど日本におりまして、テレビで紹介されていた雪岱の傘がいっぱいある絵の構図に心惹かれてしまい、行こうかどうしようか、と思っていたところでした(ちょっと家から遠いいのです)。

そうそう、早速すばるのゆきさんのイラストみましたよー、なんか感動です!
Commented by bamboo7771 at 2010-01-27 22:31
kaiさん こんばんわ。
ヒントだなんて恐縮です。
kaiさんも悩んでらっしゃる?
ワタシもです、、。

ayumiさん、日本にいらっしゃるのなら!!
是非行ってみて下さい。
傘の構図いいですよね、「おせん」の挿画です。
本の装丁もすばらしく(とくに「日本橋」なんて素敵すぎます)。着物のデザインとか、とにかく見応えありますよ。
「すばる」ありがとうございます。
ワタシもayumiさんの作品見てみたいです。
日本で見られるものがあったら教えて下さい。
by bamboo7771 | 2010-01-27 01:53 | personal work | Comments(5)