人気ブログランキング |

タグ:book cover ( 23 ) タグの人気記事

装画の仕事 「いかさま師ノリス」_a0052641_14593919.jpg


装画の仕事 「いかさま師ノリス」_a0052641_15002381.jpg
2020年11月28日発売
クリストファー • イーシャウッド
木村正則 訳
「いかさま師ノリス」

書籍装画を担当しました。
胡散臭い人物と思いながらも、上品で気の利いた話し方、
かつらやSM趣味、異様に動揺する様などノリスの滑稽な言動は
映画か海外ドラマを観ているような楽しさ。
やがてワイマール共和国からナチス台頭へ、物語は恐ろしく回転していく。


著者 : クリストファー・イーシャウッド
装丁 : 緒方修一
装画 : 北住ユキ
発売元 : 白水社
定価 : 3600 + 税






by bamboo7771 | 2020-11-24 16:03 | client work | Comments(0)

装画の仕事「万重山」

装画の仕事「万重山」_a0052641_23523350.jpg



中国、北京を拠点とする Horizon 出版社の書籍装画の仕事をしました。
本は「万重山」というタイトルで著者は上海を拠点とする若い小説家、扶跃辉(Pu Yuehui)です。
この本は同じようなテーマの短編集となっており、田舎の若者が大都市に移住し、
人生のさまざまな曲面を描いているそうです。
読めないのが残念ですが、、。


装画の仕事「万重山」_a0052641_00505452.jpg


装画の仕事「万重山」_a0052641_00522604.jpg



この作品は2018年 成城のcafe gallery Quo vadisでの個展「BROWN MORNING &」で展示した
オリジナル作品ですが、本の内容にぴったりということで使っていただきました。下が原画です。


装画の仕事「万重山」_a0052641_23485524.jpg

「万重山」
著者 : 扶跃辉(Pu Yuehui
装画 : 北住ユキ
ブックデザイン : 山川制本workshop
発売元 : Horizon
定価 : 56.00元

by bamboo7771 | 2020-06-16 12:09 | client work | Comments(0)

装画の仕事 「ブデチ」

装画の仕事 「ブデチ」_a0052641_22451548.jpg





装画の仕事 「ブデチ」_a0052641_22454294.jpg


ブス・デブ・チビの頭文字をとって、
あだ名は「ブデチ」。
どんないじめにも屈せず、
ただ者ではない雰囲気を
漂わせる少女の胸には、
ある使命があった。

ブ・デ・チ
著者 :鶴石悠紀
装丁 :山崎瞳子
発売元:幻冬舎 
2020年4月10日
定価 : 1400円+税



by bamboo7771 | 2020-06-07 23:00 | client work | Comments(0)


装画、挿絵の仕事「誤作動する脳」_a0052641_14524066.jpg


3月2日、もうすぐ発売になります!「誤作動する脳」医学書院(シリーズ ケアを開く)
装画、章扉の絵などを描きました。
認知症の中でアルツハイマーの次に多いと言われるレビー小体型認知症。
その当事者が語る、誤作動した脳が作り出す、不思議な世界。
リアルな幻視は、まるでSF映画のようですが、当事者にはあくまでリアルで日常なのだという困難さが伝わります。
そして不調を持ちながらも、冷静にご自分の症状を伝えることができるって!尊敬。。



装画、挿絵の仕事「誤作動する脳」_a0052641_15081298.jpg


ほんのり透ける表紙をめくると
街の風景が現れます。



装画、挿絵の仕事「誤作動する脳」_a0052641_19291595.jpg


タイトル文字も誤作動感が出てます。








by bamboo7771 | 2020-02-29 21:41 | client work | Comments(0)

装画の仕事 「センス・オブ・シェイム 恥の感覚」文藝春秋_a0052641_17092472.jpg




装画の仕事 「センス・オブ・シェイム 恥の感覚」文藝春秋_a0052641_17100356.jpg



装画の仕事 「センス・オブ・シェイム 恥の感覚」文藝春秋_a0052641_17102568.jpg


装幀画を担当しました。

文藝春秋   「センス・オブ・シェイム 恥の感覚」
著: 酒井順子
デザイン:大久保明子
2019年8月5日発行
1400円 + 税

世間の目を気にしながら生きてきた日本人。
しかし「何を恥ずかしいと思うか」には人によってこんなに差が。
モヤモヤ解消エッセイ!(紹介文より) 


by bamboo7771 | 2019-07-31 17:27 | client work | Comments(0)

装画の仕事 「日の名残り」_a0052641_18071244.jpg

装画の仕事 「日の名残り」_a0052641_17565529.jpg
装幀画を担当しました。

早川書房   「日の名残り」
著:カズオイシグロ
デザイン:坂川英治 + 鳴田小夜子 (坂川事務所)
2019年1月15日発売

<ノーベル文学賞受賞>
カズオ・イシグロの代表作が
装いも新たに登場
失われて行く伝統的英国を描く
英国最高の文学賞ブッカー賞受賞作
(帯文より)
早川epi文庫



by bamboo7771 | 2019-02-28 18:20 | client work | Comments(0)

装画の仕事 「ゆっくりたっぷり パリ暮らし」_a0052641_14053766.jpg
装画の仕事 「ゆっくりたっぷり パリ暮らし」_a0052641_14283839.jpg
装幀画を担当しました。

角川文庫  「ゆっくりたっぷりパリ暮らし」
著:松本百合子
デザイン:アルビレオ 西村真紀子
2019年1月25日発売
amazon

40歳にして一大決心、パリで一人暮らしを始めてみるも
旅するのとは大違い!犬のフンと格闘し続ける街、大のおとなでも
プティと呼び合い、誰でも濃厚なビズをほっぺたに。パーティは
もちろん電化製品まで騒々しいし、コンビニはなくて当然。
でもユーモアは真剣勝負、何事もゆっくりたっぷり人生を愉しむ
フランス人はやっぱりチャーミング!悪戦苦闘、一喜一憂の15年を綴る
エッセイ。「それでも暮らし続けたいパリ」を改題。


(同書紹介文より)
by bamboo7771 | 2019-01-18 14:47 | client work | Comments(0)

装画の仕事 「ミッテランの帽子」_a0052641_14250999.jpg


装画の仕事 「ミッテランの帽子」_a0052641_14252788.jpg

装幀画を担当しました。

新潮クレスト・ブックス  「ミッテランの帽子」
著:アントワーヌ・ローラン
訳:吉田洋之
デザイン:新潮社装幀室(望月玲子)
2018年12月26日発売
amazon

舞台は1980年代パリ。時の大統領ミッテランがブラッスリーに
置き忘れた帽子は、持ち主が代わるたび、彼らの人生に思いがけない新たな展開を
もたらしてゆく。うだつの上がらない会計士、望まない不倫を断ち切れない女、
スランプ中の天才調香師、名家で資産を保全するブルジョワ男・・・・。
携帯電話もインターネットもなく、フランスがもっとも輝いていた時代の、大人のための幸福な物語。
(同書籍紹介文より)

by bamboo7771 | 2018-12-23 14:59 | client work | Comments(0)

西日本読書感想画コンクール 作品募集_a0052641_11011915.jpg


「西日本読書感想画コンクール」の作品募集が載った西日本新聞を
出版社が送って下さいました。
応募対象は九州・山口各県の小・中・高校生 とのこと。
限られてしまうのがちょっと残念ではありますが
個人的に子供たちがどんな感想画を描いて来てくれるのか
興味津々なんです。
「天馬のゆめ」も描いてくれないかな〜。

詳しくは西日本感想画コンクールホームページへ → https://www.nishinippon.co.jp/cp/kansoga/

(2018年11月29日加筆)
西日本感想画コンクールの優秀作品紹介が
こちらのサイトページで見ることが出来ます。→
やはり、素直な感情が、色も形にあふれていて素敵です。
是非ご覧になってみて下さい!



by bamboo7771 | 2018-06-07 11:18 | information | Comments(0)

「天馬のゆめ」が西日本読書感想画コンクール 指定図書に選定されました_a0052641_12521328.jpg




新日本出版社から出版された「天馬のゆめ」が
第62回 西日本読書感想画コンクール
の指定図書に選定されました。



「天馬のゆめ」が西日本読書感想画コンクール 指定図書に選定されました_a0052641_13402374.jpg


「天馬のゆめ」が西日本読書感想画コンクール 指定図書に選定されました_a0052641_13435869.jpg


「天馬のゆめ」が西日本読書感想画コンクール 指定図書に選定されました_a0052641_14270162.jpg


出版社 / 新日本出版社
対象年齢 / 小学校中学年
著者 / ばん ひろこ 作・北住 ユキ 絵
発行 / 2016年8月15日
ページ数 / 96ページ
価格 / 1400円+税

むかし、日本が戦争をしていたころ。

飛行機乗りになるための訓練用に作られた、木造・布張りの小さな飛行機がありました。

「天馬」です。

「ひゃっほー」天馬は訓練生を乗せ、宙返りや急降下をするのが大好きでした。

ところが、戦争末期、軽くて低空を飛べる天馬は、特攻機になって敵の船に体当たりするよう命じられます――。


新日本出版社HP 商品詳細 から


読書感想文コンクールというのは、
馴染みがありましたが、
読書感想画コンクールというものがあるというのを
今回初めて知りました。

この本を読んで、子供たちが
どんな感想画を描いてくれるのか
とても楽しみです。
(ほんとうのところ、子供の絵にはかなわない気がして
戦々恐々ですが ... ー_ー'

by bamboo7771 | 2018-05-16 14:38 | information | Comments(0)