a0052641_0483078.jpg

a0052641_049732.jpg

近所の古本屋で装幀買い。
講談社 世界名作全集108 「ハジ・ババの冒険」
昭和30年発行
装幀 梁川剛一
表紙 口絵 さしえ 沢田重隆
装飾こってりに惹かれて♪

青山、原宿界隈でギャラリー廻りをした一日。
HBで曽根さんの「青春番地一丁目」
OPAで小牧さんの「Elle et Lui」
DAZZLEでグループ展「とらむぷ展」
mayaで「北村人展」
クラクラすほど実力者揃いの展示でお腹いっぱい。
最後の閉めはMJ展。
OPではゆっくり見られなかったので再訪。
ファイルもじっくり見てきた。
人って奥深い。。と感じさせる素敵な展示でした。
MJ展、本日までですのでまだご覧になっていない方、駆け込んで下さい!
[PR]
by bamboo7771 | 2010-04-14 01:28 | memo | Comments(2)

カチカチ山と花咲爺

a0052641_17193933.jpg

近くの古本屋で「カチカチ山と花咲爺」ほるぷ出版と「人体絵本」ポプラ社を買った。
「カチカチ山と花咲爺」は大正6年に武者小路実篤 著作 岸田劉生 画で出版されたものの復刻版(昭和48年刊)。まるでヨーロッパのお話のような挿絵だ。これがたったの50円。人体絵本は仕掛け絵本になっている。これは仕事の資料に。子供用のものだけれどみごたえのあるものです。値段は忘れたけど2冊買って500円でおつりがきたのでびっくりした。この古本屋はいつ行ってもワタシ以外にお客さんが居るのを見たことがない。どうかつぶれないでほしい。
[PR]
by bamboo7771 | 2008-02-24 23:20 | memo | Comments(2)

白いガウンのモンロー

a0052641_0202041.jpg

モンローのポスターブックというのを持っています。このフレッシュな笑顔のモンローの写真が大好き。スキャナーに取り込めない大きさですが何枚かに分けてうまく画像を合わせることを覚えたので(今頃〜!)練習の意味でも画像アップさせて頂きます。ほんとにかわいいモンローでしょ♪
[PR]
by bamboo7771 | 2007-08-08 00:40 | memo | Comments(0)

おそうざい12ヶ月

a0052641_2263930.jpg
定評あるお料理本「お惣菜12ヶ月」を買ってみました。
同じ、暮らしの手帳社の「おそうざいふう外国料理」は昔から家にあり
(この本は父が買いました。父は時々不思議な行動をとる)
2冊揃ったのを眺めるとなんだか健全な家庭の様子だな。

「お惣菜12ヶ月」は期待を裏切るびっくりする本でした。
おなじみの家庭料理の顔をした食べたことのないお料理ばかり。
「とうふのフライ」なんて食べたことある?揚げ出し豆腐じゃなくて。
[PR]
by bamboo7771 | 2007-06-22 22:34 | memo | Comments(2)

a0052641_0294114.jpg

連休が始まったが私には関係ない。休みだか休みでないのかわからない毎日。
仕事ではない絵を描きつづけてうまくいかないのでヤになる。
同時に何枚かの絵を描くといい。。ということを雑誌で読んだ。描き込み過ぎたり、いじり過ぎたりして近視眼的になってしまうから?これは言えてるかも。。

ところで、物を捨てられないタイプの私の家はがらくたが多い。だから掃除もしにくい。
そうして齢を重ねて行くうち体力もなくなり、ゴミ屋敷ができあがってしまうのではないだろうか?
と心配になってきたので、最近身辺整理を始めました。

いらない本は捨てよう!とダンボール箱を開けると懐かしい「ナチョナルジオグラフィック」が出て来た。その昔、華やかなりしアメリカの50年代が大好きだった頃集めたもの。あの頃は広告からかいま見る健康的で明るいライフスタイルにあこがれていたものだった。
今この雑誌を見ると、自然や世界各国の人々の暮らしぶりに目を奪われる。そして不思議なノスタルジーに浸ってしまう。この雑誌まだ使えそー。捨てられないわー。

a0052641_1133981.jpga0052641_1144346.jpg

[PR]
by bamboo7771 | 2007-04-30 01:16 | memo | Comments(2)

a0052641_203926.jpg

この古書はアメリカ版ミシュランみたいなものなのでしょうか?
「The Ford Tresury of FAVORITE RECIPES from FAMOUS EATING PLACES」
とあります。アメリカ各地の有名レストランとそこのお料理、一品のレシピが載っています。

a0052641_211962.jpg

なんといっても楽しいのは全店イラストで紹介されているんです。それも何人ものイラストレーターを使いいろいろなタッチでレストランを紹介しています。133mm×230mmのハンディなサイズ。表紙は童話かな?と思わせる可愛らしいデザインです。FORD MOTOR COMPANYから1950年前後何度か版を重ねているようです。
こんなイラストガイドブックを日本(東京?)で作ってみてもおもしろいのではないかな?なんて考えてみるんですけど。。「全国カフェガイド」「ご当地カフェ ナビ」、、冴えないか。
[PR]
by bamboo7771 | 2007-04-28 21:35 | memo | Comments(4)

本棚から  VALENTINA

a0052641_1326793.jpg

足繁く神田の古書店に通っていた時期がある。今はと言えばネット書店があるせいで
足を向けなくなってしまったのだけれど、ネットが便利だからという理由だけでなく
きっと面白いと思えるビジュアルブックは業者に根こそぎ買われてしまっているんじゃないかなぁ、、とあきらめてしまって神保町にあまり足を向けなくなってしまった。
ネット書店は品揃えが素晴らしくてどれも欲しくなってしまうけどね。
しかしすでにsold!
中身を見ることができないのもなんだかくやしい。
ネットで古書を買うのは私にとってはちょっとしたギャンブル。

a0052641_13474568.jpg

この本は「VALENTINA SOLA」というコミックです。バンドデシネというコミックの豪華本、ハードカバーです。私の持っているのはイタリア エディッション。セクシーでスタイリッシュな絵に惹かれて10年ほど前?に購入。神保町 ブックブラザー源喜堂で1800円でした。(安く買った自慢!は関西のおばちゃんみたいだね)
[PR]
by bamboo7771 | 2007-04-27 13:54 | Comments(0)

チェコ絵本

a0052641_2233855.jpg

3/29はまだ続く。「ドリームガール」を見た後は目黒から中目黒まで、目黒川沿いを桜を見ながら歩いた。もし天国というものがあるのならこんな風景では?




a0052641_22163797.jpg

目黒川沿いにある目黒美術館で思いもかけず「チェコ絵本とアニメーションの世界」に出くわした。チェコ絵本の「古典」は私の大好きな本「絵本の世界110人のイラストレーター」でなじみのあったセコラやラダの原画があったので感激!
左上の写真は入場券ですが2人でそれぞれ違う絵柄になってます。チャペックのイラストレーション。これも捨てられないな。時間がなかったのでアニメーションはゆっくり見れなかったのが残念。一日ここに居たかったぐらい。
右上は最近の作家のもの。「チェコの最も美しい絵本」に選ばれたもの。たしかに美しく可愛い。コラージュ絵本です。小さな本はパラパラ絵本。何度やっても飽きないんだな、これが。
で、購入!
[PR]
by bamboo7771 | 2007-04-03 22:48 | personal work | Comments(4)

The Vines

YouTube観てたらおもいしろいvideoがあったのでブログに貼付けようと
試みてみましたら、な〜んだ、簡単! プレヴューで確認し、送信!!
アラートがでて”exblog.jpセキュリティー上使用出来ません”
exblogって携帯からでしか動画は配信出来ないとか?
わからないわ〜。

で、こちらでご覧になって下さい。人形アニメーション、かっこかわいいでしょ。The Vines(ヴァインズ)って有名なんですか?こんな素敵なプロモ制作してもらえるアーティストなんだから知られたグループなんだろうね。オーストラリア出身、バンド結成は1991年、ファーストアルバムは2002年。メディアからは「ビートルズに出会ったニルヴァーナ」と言われてるんですと。。

曲、かなり好みです。2曲しか聞けなかったけど。ちょっとしびれました。
[PR]
by bamboo7771 | 2007-02-28 22:23 | memo | Comments(0)

壇流クッキング

a0052641_22405324.jpg









ネットで料理関係の調べものをしていたら、古書を扱う本屋さんに懐かしい「壇流クッキング」をみつけました。
この本はぼろぼろになるまで読みカバーをかけて(私のは文庫本になったものです)
今も本棚の片隅にあるお気に入りの本なのだけど、古書としてでも 
今、売られてるってことにうれしくなってしまいました。

料理の覚え始めに読んだ本格的な、だけど敷居の高くない料理本なんです。
イカのスペイン風、クラムチャウダー。牛タンの塩漬、鳥の手羽先料理、
オニオンスープ、ナムル。心平ガユ、スペイン酢ダコ、ビーフシチュー、、etc
この本読みながら作った料理です。
家族に評判よかったこと!
こんなにおいしいものが自分で作れるなんて!と感動しちゃいましたよ。

その後おいしくて素敵な料理本にたくさん触れてきたけれど、
作家檀一雄のその本は、初恋の〜って感じです。
男っぽくて包容力ある文体に魅力感じて、「火宅の人」を読み
沢木耕太郎が書いた「壇」を読み、
緒形拳が演じた映画「火宅の人」も見てしまいました。
料理本から知った檀一雄です。

押さえきれない業を持った人の無茶っぷりに引かれるのかな。
[PR]
by bamboo7771 | 2007-02-05 23:54 | memo | Comments(4)